Raspberry Pi

Raspberry Pi関連の記事追加

投稿日:

Indoor CorgiではRaspberry Pi用基板の開発の他、使い方や関連商品の紹介記事も投稿しています。以下は2020年7〜9月に投稿した記事のまとめです。ぜひ参考にして、Raspberry Piをより便利に活用していただければと思います。

拡張基板/HAT対応 Raspberry Pi4用おすすめケース (DIYメタルケース)

本記事では、Rasbperry Pi 4のおすすめケースとして、Raspberry Pi4用 DIYメタルケース (Physical Computing Lab)を紹介します。冷却性能、コンパクトさなどバランス良く仕上がっており、かつGPIO端子に拡張基板/HATをそのまま装着できる数少ないケースです。実際に温度を測定した結果も掲載しています。

PythonとpigpioでRaspberry Piの赤外線制御 (家電、エアコン、照明、テレビなどを制御するホームIoT)

Pythonとpigpioを使ってRaspberry Piで赤外線の送受信を行う方法について解説しています。サンプルプログラムを用意しているので、簡単に受信、登録、送信動作をさせることができるほか、データ解析も可能です。赤外線を使ってエアコン、照明、テレビなどの家電を制御することが可能になります。

PythonでRaspberry PiのGPIO、LED、スイッチ制御

Raspberry Pi(ラズパイ)では、GPIOを通じて電気信号を送受信することで、様々なデバイスを制御することができます。本記事では、基本的なLEDとスイッチについて、Pythonプログラムで制御する方法を解説します。LEDにステータスを表示させたり、スイッチが押されたら何らかの動作をさせるなど、自分が好きなように動作をプログラミングすることが可能になります。

Node-REDをRaspberry PにインストールしてLEDとセンサーを動かす

Node-REDとは、ノードと呼ばれる部品を接続していくことで、視覚的にプログラミングできるツールです。HTTPやメール、クラウド、SNSと連携できる機能もあり、IoTデバイスの開発にも適しています。本記事ではRaspberry Pi(ラズパイ)へNode-REDのインストールし、LEDやセンサーを動かす方法を実例を使って解説しています。

Raspberry Piで日本語入力する方法(iBus+Mozc)

Raspberry Pi OS(Raspbian)は日本語表示はデフォルトで対応していますが、キーボードからの日本語入力はデフォルトでインストールされません。本記事ではiBusとMozcを使ってRaspberry Pi(ラズパイ)で日本語入力する方法を解説しています。

Raspberry PiでPythonプログラミング入門

Python(パイソン)とは世界的に人気のあるプログラミング言語の一つです。Pythonを使えばほぼどんなプログラムも実現できると言っても過言ではなく、GPIOピンを使って、センサーや拡張基板と通信することもできます。本記事では、プログラミング初心者の方向けに、Pythonのコードの記述と実行方法、文法の基礎を解説しています。

ESP32

E32-SolarCharger使用時の制限追加について

投稿日:

E32-SolarChargerを使用する際、ソーラー入力電流が多い場合、PWMによる電流制限が作動している場合、基板に直射日光が当たっていたり、周囲温度が高い場合に、一部の部品が想定以上に発熱する現象が発生することが分かりました。そのため、一部の使用条件の追加、変更をさせていただくことになりました。

  • 電流制限時の発熱を抑えるため、PWM周波数は500Hzを推奨といたします。2020年9月20日以前のサンプルプログラムをご利用の場合は、最新版をダウンロードしてお使い下さい。
  • 連続運転時はソーラーパネルからの入力電流5A、負荷電流10A以下となるように運用して下さい。
  • 基板に直射日光が当たらないようにするなど、基板の温度が上がらないように工夫をお願いします。
  • 今後はQ1及びコイルにヒートシンクを装着した形で出荷いたします。2020年9月20日までに購入された方はメールでご連絡いただければ、無償でヒートシンクを発送いたしますので、装着してご利用下さい。(保証対象となる購入先の場合に限ります)

詳細は製品情報ページをご参照ください。

Raspberry Pi

Raspberry Piで赤外線制御するツールを公開しました

投稿日:

Raspberry Piで赤外線送受信を行うには、LIRCというソフトウェアが良く使われています。赤外線送受信はタイミングがシビアで、通常のGPIOを制御する方法だと、他のタスクが入るなどでタイミングがずれてうまくいかないケースがあるためです。

当サイトでも、LIRCを使って赤外線制御する方法を解説していましたが、初期設定や送信データの登録などがややこしく、バージョンの違いによる変更も多くなっていました。

そこで、Indoor CorgiではPythonとpigpioを使って、赤外線送受信を容易にするツール、ライブラリを開発しました。

pigpioとはRaspberry PiでGPIOを制御するライブラリの1つです。pigpioにはマイクロ秒オーダーで波形を制御する機能があり、これを使うことで安定した赤外線通信が可能になります。

本ツール、ライブラリを使うことで、コードを書かずに赤外線の受信、登録、送信、データ解析が可能になります。また、プログラマーは自分のPyhonコードに赤外線制御機能を組み込むことが容易になります。

本ツール、ライブラリの解説記事はこちらです。GitHubページも公開しています。

PythonとpigpioでRaspberry Piの赤外線制御 (家電、エアコン、照明、テレビなどを制御するホームIoT)

Pythonとpigpioを使ってRaspberry Piで赤外線の送受信を行う方法について解説しています。サンプルプログラムを用意しているので、簡単に受信、登録、送信動作をさせることができるほか、データ解析も可能です。赤外線を使ってエアコン、照明、テレビなどの家電を制御することが可能になります。

赤外線通信を使うと、Raspberry Piで自在にテレビ、エアコン、照明などの家電をコントロールしたり、スマートフォンなどから遠隔で操作することが可能です。また、汎用リモコンでRasbperry Piに指示を出すようなことも考えられます。ぜひ参考にして下さい。

News

夏季休業のお知らせ

投稿日:

日頃より当店をご利用いただきありがとうございます。誠に勝手ながら、当店では下記の通り夏季休業とさせていただきます。お客様につきましてはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

<夏季休業・出荷停止期間>

2020年8月11日(火) ~ 2020年8月16日(日)

<お問い合わせについて>

休業期間中、メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、回答は8月17日(月)より順次対応させていただきます。

Raspberry Pi

TSL2572明るさセンサーのNode-REDノードが公開されました

投稿日:

拡張基板「RPZ-IR-Sensor Rev2」にも搭載されているTSL2572明るさ(照度)センサーのNode-RED用ノードがt-kawamorita様により作成、公開されました。ノード名はnode-red-contrib-tsl2572となります。npmコマンドやNode-RED上のパレットの管理からインストールできます。

Node-REDとは、ノードと呼ばれる部品を接続していくことで、視覚的にプログラミングできるツールです。ブラウザーで操作するので場所や環境を選ばず、実行もボタン1つでできます。プログラミング入門や素早い開発に最適です。

Node-REDと「RPZ-IR-Sensor」を組み合わせることで、センサーで測定した明るさの値をファイルに記録したり、クラウドやSNSに投稿するような応用が考えられます。

Node-REDのインストールとLEDやセンサーを動かす方法についても記事を投稿していますので、ぜひ参考にして下さい。

Node-REDをRaspberry PにインストールしてLEDとセンサーを動かす

Node-REDとは、ノードと呼ばれる部品を接続していくことで、視覚的にプログラミングできるツールです。HTTPやメール、クラウド、SNSと連携できる機能もあり、IoTデバイスの開発にも適しています。本記事ではRaspberry Pi(ラズパイ)へNode-REDのインストールし、LEDやセンサーを動かす方法を実例を使って解説しています。

Arduino

ESP32 (ESP-WROOM-32)搭載製品のサンプルプログラムが最新のArduinoコアライブラリに対応

投稿日:

ESP32 (ESP-WROOM-32)搭載製品向けに公開していたサンプルプログラム、応用例のプログラムについて、最新のArduinoコアライブラリであるESP32 core version 1.0.4に対応しました。

特に、E32-SolarChargerを使ったソーラー充電システムで公開している応用例については、以下の改善も合わせて行っております。

  • これまでWebサーバー機能をサードパーティ製ライブラリを使用して実装していましたが、今回ESP32-IDFの機能のみを使うようにコードを書き直しました。コアライブラリやサードパーティ製ライブラリのバージョンの差異によって動かないといった状況を改善しました。
  • メインのコードであるSolarCharger.inoのコメントを日本語化して動作を分かりやすくしました。

ESP32は、世界的に人気の高く導入も容易な開発環境であるArduinoIDEでプログラムを作成できるマイコンです。WiFi、Bluetooth通信機能を内蔵しているため、手軽にオリジナルIoTデバイスの開発が可能です。

各製品、応用例のページは以下のとおりです。

E32-BreadPlus(スイッチ付き コンパクトESP32、ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板)

WiFi、Bluetooth機能を内蔵したマイコンであるESP32、ESP-WROOM-32をブレッドボードに挿して開発するための基板です。Arduino IDEで自由に動作をプログラミングすることができます。リセットとプログラム書き込み用スイッチ実装済のため、自分の作りたい回路に集中できます。使用できないピンを削減したことで、類似品に比べてコンパクトになっています。

E32-SolarCharger (ESP32、ESP-WROOM-32/WiFi搭載 プログラマブルIoT 鉛バッテリーソーラー充電基板)

Arduino IDEで動作を自由にプログラミング可能な、IoTソーラーチャージャー基板です。WiFi内蔵マイコンであるESP32(ESP-WROOM-32)を採用しました。鉛バッテリー充放電回路、microSDスロット搭載。状況にあわせた充電、負荷の接続/切断ができ、ネットワークからのモニタリングも可能です。

E32-SolarChargerを使ったソーラー充電システム (IoTソーラー充電、放電制御)

ソーラーパネルより鉛バッテリーへの充電、および接続機器への放電をコントロールするE32-SolarCharger用のアプリケーション例です。

Raspberry Pi

Raspberry Pi技術情報まとめページを作成しました

投稿日:

Raspberry Piに関する技術情報のまとめページを作成しました。

最新の公式Imagerを使ったOSのインストール、初期設定、リモート接続方法、Pythonプログラミングなど、Raspberry Piを便利に使うための方法を解説しています。

Raspberry Piはプログラミングやソフトウェアを組み合わせることでオリジナルIoTデバイスやサーバーを作ることができます。また、拡張基板を使うことでセンサーやその他ハードウェアとの連携も可能です。

当Indoor Corgiの対応製品での開発はもちろん、Raspberry Piの使い方が分からない場合に、ご参考にしていただけると幸いです。

Raspberry Pi

Raspberry Pi(ラズパイ)に関する技術情報のまとめページです。Raspberry Piのインストール、設定方法などの基礎知識や、Indoor Corgi製の拡張基板を使った応用例などを公開しています。

Arduino

アドレサブルRGB用イルミネーション作成ライブラリーをGitHubで公開

投稿日:

Indoor Corgiでは、簡単にアドレサブルRGBデバイスのイルミネーションを自作できるように、「ALEDクラスライブラリー」を開発、提供しています。

この度、このライブラリーをGitHubでApache2.0ライセンスで公開しました。商用、非商用を問わず、本ライブラリーを使ってイルミネーションを自作したり、ソースを改変して利用することが可能です。

コントローラー基板である「CG-CustomARGB」用に設計していますが、Arduino UNOやATmega328Pを採用しているArduinoシリーズ、互換機でも使うことが可能です。

Indoor Corgiではソフトウェア開発業務として、オリジナルイルミネーションの開発も承っております。お使いのアドレサブルRGBデバイスにカスタマイズしたイルミネーションを作りたいなどのご要望があれば、indoorcorgi@gmail.comもしくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

Raspberry Pi

2020年5月のRaspberry Pi OSで、赤外線の送信パルス数の制限が改善されました

投稿日:

LIRCという赤外線送受信ソフトを使うことでRaspberry Piからテレビやエアコンなどを制御することができます。

このLIRCですが、OSのKernelの都合で、2019年6月のBuster以降、送信パルス数が最大255に制限されていました。2020年5月28日にリリースされた最新版OS (Kernelバージョン 4.19.118) でこの制限が改善されたことを確認しました。このため、長いデータを送受信するデバイスを制御することができるようになりました。

Kernelバージョンは以下のコマンドで確認できます。

uname -a

2020年2月以前のバージョンをお使いの場合は、2020年5月版のOSの再インストールを推奨しております。(アップデートしただけだと正常に動かないケースを確認したため)

LIRCの設定例の記事も内容を更新しています。

LIRCでRaspberry Piの赤外線制御 (家電、エアコン、照明、テレビなどを制御するホームIoT)

 LIRCを使って赤外線の送受信を行うRPiTPH Monitor及びRPZ-IR-Sensor用の応用例です。 赤外線を使ってエアコン、照明、テレビなどの家電を制御することが可能になります。

赤外線送受信が可能な拡張基板はこちらです。

RPZ-IR-Sensor (Raspberry Pi用 温度/湿度/気圧/明るさ/赤外線 ホームIoT拡張ボード)

動作をプログラミング可能な、Raspberry Pi/Zero(ラズパイ)用ホームIoT拡張ボードです。温度、湿度、気圧、明るさセンサー、赤外線送信、受信機能を搭載。温度が上がったらエアコンをオンにする、暗くなったら照明を点灯する、外出先から家電の操作をする、気温や湿度を記録する、といった使い方が可能です。LEDにステータスを表示することもできます。

RPi TPH Monitor Rev2 (Raspberry Pi用 温度/湿度/気圧/赤外線 ホームIoT拡張ボード)

動作を自由にプログラミング可能な、Raspberry Pi(ラズパイ)用ホームIoT拡張ボードです。温度、湿度、気圧センサー、赤外線送信、受信機能を搭載。温度が上がったらエアコンをオンにする、暗くなったら照明を点灯する、外出先から家電の操作をする、気温や湿度を記録する、といった使い方が可能です。ディスプレイやLEDに情報表示も可能です。