Raspberry Pi

Raspberry Piに関する技術情報のまとめページです。Raspberry Piのインストール、設定方法などの基礎知識や、Indoor Corgi製の拡張基板を使った応用例などを公開しています。

Raspberry Pi OS (Raspbian)のインストール - 公式Imager対応

Raspberry Piを動かすには、ストレージとなるmicroSDカードへOSをインストールする必要があります。Raspberry Pi公式のSDカード作成ツールのImagerを用いて、Raspberry Pi OS (Raspbian)をインストールする手順をWindows/Mac/Ubuntuそれぞれについて解説しています。

Raspberry PiのセットアップとOS (Raspbian)の初期設定

Raspberry Piをはじめて起動する方向けに、ハードウェアのセットアップとOSの初期設定方法を、画像つきで解説しています。マウス、キーボード、ディスプレイ、電源などの接続例やトラブル事例別の対処法も記載しました。2020年時点で最新のRaspberry Pi 4、Raspberry Pi OSに対応しています。

Raspberry Piで日本語入力する方法(iBus+Mozc)

Raspberry Pi OS(Raspbian)は日本語表示はデフォルトで対応していますが、キーボードからの日本語入力はデフォルトでインストールされません。本記事ではiBusとMozcを使ってRaspberry Piで日本語入力する方法を解説しています。

Raspberry PiでI2Cの設定と使い方

I2Cの簡単な仕組み、Raspberry Piで有効化と実際にI2Cデバイスを検出する手順の解説しています。I2C対応のセンサーやディスプレイ、ADコンバーターなど様々なデバイスを利用することで、Raspberry Piの可能性がさらに広がります。Raspberry Pi OS (Raspbian)インストール後は無効になっているので、こちらを参考に有効化して下さい。

VNCでRaspberry Piにリモートデスクトップ接続 (Windows/Mac/Linux対応)

VNCを使って、PC (パソコン) からRaspberry Piにリモート接続する手順、およびディスプレイなしでRaspberry Piを起動できるようにする方法について解説しています。PCからリモートでRaspberry Piを操作することができれば、運用の幅が広がって便利になります。

LIRCでRaspberry Piの赤外線制御 (家電、エアコン、照明、テレビなどを制御するホームIoT)

 LIRCを使って赤外線の送受信を行うRPiTPH Monitor及びRPZ-IR-Sensor用の応用例です。 GPIOを直接制御することでも赤外線送受信は可能ですが、 他のタスクが入るとタイミングがずれてうまくいかないケースがあります。LIRCを使うことで安定した通信が可能になります。 CPUリソースが限られているRaspberry Pi ZeroではLIRCを使うことを推奨しております。