RPi TPH Monitor Rev2 (Raspberry Pi用 温度/湿度/気圧/赤外線 ホームIoT拡張ボード)

動作を自由にプログラミング可能な、Raspberry Pi(ラズパイ)用ホームIoT拡張ボードです。BME280温湿度気圧センサーと赤外線送受信機能を搭載。IoT赤外線リモコンとして、温度が上がったらエアコンをオンにする、スマホ経由でテレビの操作をする、気温の記録、といった使い方が可能です。ディスプレイやLEDに情報表示も可能です。

主な特徴

Raspberry Piに機能を追加!

この製品はRaspberry Piの40ピンコネクタに装着する拡張ボードです。 Raspberry Piに温度、湿度、気圧測定&赤外線通信機能を追加できます。 「RPi TPH Monitor」という名前は温度 Temperature、気圧 Pressure、湿度 Humidityから命名しました。

対応機種
  • Raspberry Pi 4 Model B (純正ケースは上部フタが開かなくなったため、非対応)
  • Raspberry Pi 3 Model B (純正ケース対応)
  • Raspberry Pi 3 Model B+ (純正ケース対応)
  • Raspberry Pi 2 ModelB
最大2チャンネル 温度、湿度、気圧センサー搭載可能

温度、湿度、気圧測定センサーを接続できます。センサーは高精度で、A/Dコンバーターを必要としない BME280に対応します。 最大2チャンネルの測定が可能で、例えば対象物と外気の温度などを同時にモニタリングできます。端子配列は GY-BME280および AE-BME280に 対応していますが、ケーブルなどで端子配列を合わせれば他のI2C通信モジュールも ご使用いただけます。(例 : スイッチサイエンスBME280モジュール)

家電と連携できる赤外線送受信機能

赤外線送信機能によりエアコンやテレビなどの家電製品を制御できます。 赤外線LEDが1つだけだと向きが少しずれると通信できないことが多いですが、 縦/横方向2個搭載したことで、通信範囲が格段に改善されます。 赤外線受信機能もあるので、お使いの家電のリモコンのデータ解析や、 汎用リモコンを使ったリモート制御も実現できます。

LED、スイッチインターフェース付き

Rasperry Pi単体でも運用できるよう、LCDモニタとタクトスイッチがついています。 測定した温度などをモニタに表示したり、スイッチから直接Raspberry Piを操作できます。

Revisionの違いについて

RPiTPH Monitor Rev1.1, Rev2.0, Rev2.1, Rev2.2に機能的な差はありません。 ソフトウェアも完全互換で動作します。 組立キットとして提供していたRev1.1の一部部品を表面実装タイプとして、 完成品の形にしたのがRev2.xになります。 Rev2.1でP4にセンサーモジュールを逆向きに挿した際の保護抵抗を追加しています。 Rev2.2でI2CバスをLCDとその他センサーで分離して、干渉の影響を改善しています。

購入

まとまった数量をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。

完成品

既に部品一式を基板に実装したものと、BME280モジュール、接続ケーブルのセットになります。 (モジュールとケーブルはそれぞれ1つ) Raspberry Pi本体は付属しません。

利用例

Raspberry Pi本体、電源ケーブルは付属しません。純正ケースに対応しているのはRaspberry Pi 3のみです。Raspberry Pi 4に関しては純正ケースの上部フタが無くなったため非対応です。

応用アプリケーション例

  • 温度、湿度、気圧、明るさロガー
  • ペットや植物のためのエアコンを自動制御して室温を管理するシステム
  • 外出先から室内の温度チェック、帰宅前にエアコンをONするシステム
  • 高温時にエアコンを自動でONする熱中症防止機能
  • 就寝前にエアコンを自動でOFFする消し忘れ防止機能

これらの応用例を実現するプログラム、機器は付属しません。 ご自身で準備していただく必要があります。

ブロックダイアグラム

使い方

Raspberry PiのセットアップとI2C有効化

Raspberry Piのセットアップについては以下の記事を参照して下さい。

BME280センサーとLCDディスプレイはI2Cを使って通信します。以下の記事を参考にI2Cを有効化しておいて下さい。

BME280用コネクタP2、P3、P4

P2はセンサーモジュール GY-BME280 を接続するためのコネクタです。 I2Cアドレスは0x76になります。同一アドレスになるのでP3と併用できません。 2チャンネルで使用する際はP4をご使用下さい。 接続の際に向きが合っているかご確認下さい。(4pinでVcc, GND, SCL, SDAの順)

P3, P4はセンサーモジュール AE-BME280 を接続するためのコネクタです。 I2CアドレスはP3が0x76、P4が0x77になります。P3は同一アドレスになるのでP2と併用できません。 2チャンネルで使用する際はP4をご使用下さい。 AE-BME280側のジャンパは配線不要です。

LCD

基板上に搭載されているLCDとはI2Cで接続されており、スレーブアドレスは0x3Eです。 詳細な使い方はLCDのマニュアルをご参照下さい。

赤外線

GPIO13よりHighを出力すると赤外線LED(波長940nm)がONになります。 家電などにデータを送信する際は赤外線フォーマットに従ってください。赤外線送信中は示す赤色LED(D3)が点灯します。赤外線LEDは電流が大きいので、設定ミスなどで常にON になっていると部品を痛める恐れがあります。このLEDが点灯し続けている場合は プログラムを終了して見直して下さい。

GPIO4より赤外線データが受信できます。38kHzは自動的に復調されます。入力は反転となり、データ受信中がLowになります。受信ユニットに使用しているICはGP1UXC41QS / TSOP38238となります。

LIRCを使って赤外線送受信をする応用例を公開しております。

汎用LED

GPIO5, 6よりHighを出力すると、LED黄、緑がそれぞれ点灯します。 ステータス表示などにお使いいただけます。

汎用スイッチ

GPIO22, 23, 24にスイッチが対応しています。スイッチを押すとLowが入力されます。 基板上にプルアップ抵抗は実装されていないため、Raspberry Pi側でプルアップ処理をしてください。

サンプルプログラム

プログラム環境内容
bme280i2cPython3, C++P2, P3, P4に接続されたBME280からI2Cで温度、湿度、気圧を取得して表示する プログラムです。-lオプションでログをファイルに残すこともできます。
infraredC++赤外線受信ユニットで受信したデータを表示し、さらに同じデータを赤外線LEDから 送信するプログラムです。お使いの機器の赤外線データ解析や、制御に使うことができます。 対応フォーマットはNECとAEHAのみとなります。
lcdPython3, C++LCDへの文字表示と、LED点灯、スイッチ入力をするプログラムです。
lcd-gpioC++上記lcdサンプルプログラムの代替です。 部品の相性によっては、P2にGY-BME280センサーを接続した状態でLCDモジュールから ACKが戻らない現象が発生する場合があります。本サンプルはI2Cライブラリを使わずに 直接LCDへコマンドを送るため問題を回避できます。上記lcdサンプルが うまく動かない場合はご利用ください。この問題はRev2.2では解決しています。
LIRCLIRCを使って赤外線送受信する応用例です
Node-RED視覚的にプログラミングできるツール「Node-RED」を使ってLEDやスイッチ、センサーを動作させる方法です。

回路図、関連資料

注意事項

  • P2, P3, P4に取り付けるセンサーモジュールは端子、向きがあっていることを確認して接続してください。 誤った向きや適合しないモジュールを取り付けた場合、部品を痛めるおそれがあります。
  • 利用規約・免責事項をご確認の上、ご利用下さい。

関連ページ

ESP-IR+TPH Monitor (ESP-WROOM-02搭載 WiFi/赤外線/温度/湿度/気圧 ホームIoT基板)

Arduino IDEで動作を自由にプログラミング可能なホームIoT基板です。WiFi内蔵マイコンであるESP-WROOM-02を採用しました。温度/湿度/気圧センサーと赤外線送受信機能を搭載。IoT赤外線リモコンとして、温度が上がったらエアコンをオンにする、スマホ経由でテレビの操作をする、気温の記録、といった使い方が可能です。

Raspberry Pi OS (Raspbian)のインストール - 公式Imager対応

Raspberry Pi(ラズパイ)を動かすには、ストレージとなるmicroSDカードへOSをインストールする必要があります。Raspberry Pi公式のSDカード作成ツールのImagerを用いて、Raspberry Pi OS (Raspbian)をインストールする手順をWindows/Mac/Ubuntuそれぞれについて解説しています。

Raspberry PiのセットアップとOS (Raspbian)の初期設定

Raspberry Pi(ラズパイ)をはじめて起動する方向けに、ハードウェアのセットアップとOSの初期設定方法を、画像つきで解説しています。マウス、キーボード、ディスプレイ、電源などの接続例やトラブル事例別の対処法も記載しました。2020年時点で最新のRaspberry Pi 4、Raspberry Pi OSに対応しています。

Raspberry PiでI2Cの設定と使い方

I2Cの簡単な仕組み、Raspberry Pi(ラズパイ)で有効化と実際にI2Cデバイスを検出する手順の解説しています。I2C対応のセンサーやディスプレイ、ADコンバーターなど様々なデバイスを利用することで、Raspberry Piの可能性がさらに広がります。Raspberry Pi OS (Raspbian)インストール後は無効になっているので、こちらを参考に有効化して下さい。