Raspberry Pi

RPZ-PowerMGR用ファームウェアVersion 1.3を公開しました

スケジュール登録の際のワイルドカードを自由に指定できるように改善した、RPZ-PowerMGRの制御プログラム(ファームウェア)のVersion 1.3をリリースしました。

ファームウェアVersion 1.2以前は、日、時をワイルドカードに指定した場合、それより上位はすべてワイルドカードにする必要がありました。

指定指定指定指定
ワイルドカード指定指定指定
ワイルドカード
(-D 省略)
ワイルドカード
(-D 省略)
指定指定
ワイルドカード
(-D 省略)
ワイルドカード
(-D 省略)
ワイルドカード指定
ファームウェアVersion 1.2以前のワイルドカード指定可能な組み合わせ

そのため、4月は毎朝8:00に電源ON、5月は毎朝10:00に電源ONというスケジュールではワイルドカードが使えず、全ての日付と時間を登録する必要がありました。

Version 1.3の更新により上記の制限がなくなり、月、日、時の好きなものについてワイルドカード指定が可能になりました。以下のように2つのスケジュールを登録するだけで対応することが可能になります。

./pmgr.py sc -D 4/* 8:00 on
./pmgr.py sc -D 5/* 10:00 on

この改善はCSVファイルから登録する場合も同様です。

既にVersion 1.2以前のものををお使いの方は、アップデート手順に従ってVersion 1.3にアップデートしていただくことができます。