電源自動リカバリーで停電やバッテリー切れから復帰 (RPZ-PowerMGR)

RPZ-PowerMGRには、自動的にRaspberry Pi/Jetsonの電源を復帰する「電源自動リカバリー」機能を搭載しています。これにより、意図しない電源切断やバッテリー切れとなっても、スイッチ操作なしで再度Raspberry Pi/Jetsonを起動し、運用を再開することが可能となります。本記事ではその仕組みと、設定方法を解説します。

電源自動リカバリー機能の概要

これまでRPZ-PowerMGRでは、バッテリーの電力が無くなったり停電によって電源が落ちてしまった場合、手動でスイッチを押すか、次の電源ONスケジュール時刻を待つ以外にRaspberry Pi/Jetsonを起動する手段がありませんでした。

また、電源が落ちた状態が数日以上続くと、バックアップコンデンサーの電力がなくなり、RTCの時刻が初期化されてしまします。この状況では、手動でスイッチを押す以外にRaspberry Pi/Jetsonを起動することができません。

そこで自動的にRaspberry Pi/Jetsonの電源を復帰する「電源自動リカバリー」機能を搭載しました。これにより、意図しない電源切断やバッテリー切れとなっても、スイッチ操作なしで再度Raspberry Pi/Jetsonを起動し、運用を再開することが可能となります

状況の例電源自動リカバリー利用時デフォルト(無効時)
Raspberry Pi/Jetson動作中に停電やバッテリー切れで電源が落ちた電源が再投入された際に自動でRaspberry Pi/JetsonがON (電源切断後5分以降)電源が再投入されても、スイッチを押すか、次のスケジュールの時刻までRaspberry Pi/JetsonはOFFのまま
スケジュールでONする時刻が来たが、電源が供給されていない電源が再投入された際に自動でRaspberry Pi/JetsonがON電源が再投入されても、スイッチを押すか、次のスケジュールの時刻までRaspberry Pi/JetsonはOFFのまま
数日以上電源が供給されていない状態が続き、RTCが初期化された電源が再投入された際に自動でRaspberry Pi/JetsonがON電源が再投入されても、スイッチを押すまでRaspberry Pi/JetsonはOFFのまま

本機能はデフォルトでは無効に設定されています。コントロールツールで有効化する必要があります。

仕組み

電源自動リカバリーの無効時と有効時の状態遷移図が以下のとおりです。(ファームウェア仕様書より抜粋)

デフォルト(無効時)では、電源が投入された場合、Stopステート(Raspberry Pi/Jetson OFF)になります。

デフォルト(電源自動リカバリー無効時)の状態遷移図

一方、電源自動リカバリーが有効時は、電源が投入されると以下の条件をチェックします。

  • Raspberry Pi/Jetson稼働中に電源が切断されたか?
  • 電源が供給されていない状態で、Raspberry Pi/JetsonをONするスケジュール時刻になったか?
  • RTCが未設定か?

いずれかに当てはまれば、Runステート(Raspberry Pi/Jetson ON)に移行します。いずれにも当てはまらない場合はStopステート(Raspberry Pi/Jetson OFF)に移行します。

電源自動リカバリー有効時の状態遷移図

ファームウェアバージョンの確認

本機能を使うには、RPZ-PowerMGRのファームウェアが以下のバージョン(2022年7月リリース)より新しくなっている必要があります。ファームウェアバージョンの確認とアップデート方法はファームウェアアップデート手順を参照して下さい。

RPZ-PowerMGR基板本体のRev必要なファームウェアバージョン
Rev1Ver1.4以降
Rev2Ver2.1以降



設定方法

コントロールツールでcfサブコマンドに-p 1を指定することで有効化できます。以下の$に続くコマンドを実行して下さい。

$ cgpmgr cf -p 1

無効化するには-p 0を指定します。

$ cgpmgr cf -p 0

関連ページ

SCD41 CO2センサーとラズパイで二酸化炭素濃度を測定する

Indoor Corgiのセンサー制御ソフトウェア「cgsensor」を利用して、SCD41 CO2センサーで二酸化炭素濃度を測定したり、センサーの校正や設定を変更する方法を解説します。コマンドラインツールを使って1行もコードを書かずに測定や記録ができるほか、Pythonパッケージを使えばご自身のプログラムから簡単にセンサーを制御できます。

ステッピングモーターの電流を最適化して省電力化&発熱対策 (Raspberry Pi + RPZ-Stepper)

ステッピングモーターは軽負荷や停止時であっても電流を消費するという特徴があります。RPZ-Stepperは回転時、停止時それぞれについて、電流値を変更できるため、最適な値にすることで省電力化が可能です。また、ドライバーICの温度や、消費電流の測定も可能で、発熱やバッテリーでの動作時間の見積もりが可能です。

RPZ-Stepper (Raspberry Pi用 高機能ステッピングモータードライバー)

ステッピングモーターを制御できるRaspberry Pi(ラズパイ)用拡張基板です。位置や角度、回転数などを指示すれば、自動で目標までモーターを動かしてくれます。加減速、静音モード、省電力モード、電流測定などの機能を搭載しています。ものを動かしたり回転させるシステムが実現できます。