電源自動リカバリーで停電やバッテリー切れから復帰 (RPZ-PowerMGR)

RPZ-PowerMGRには、自動的にRaspberry Piの電源を復帰する「電源自動リカバリー」機能を搭載しています。これにより、意図しない電源切断やバッテリー切れとなっても、スイッチ操作なしで再度Raspberry Piを起動し、運用を再開することが可能となります。本記事ではその仕組みと、設定方法を解説します。

電源自動リカバリー機能の概要

これまでRPZ-PowerMGRでは、バッテリーの電力が無くなったり停電によって電源が落ちてしまった場合、手動でスイッチを押すか、次の電源ONスケジュール時刻を待つ以外にRaspberry Piを起動する手段がありませんでした。

また、電源が落ちた状態が数日以上続くと、バックアップコンデンサーの電力がなくなり、RTCの時刻が初期化されてしまします。この状況では、手動でスイッチを押す以外にRaspberry Piを起動することができません。

そこで自動的にRaspberry Piの電源を復帰する「電源自動リカバリー」機能を搭載しました。これにより、意図しない電源切断やバッテリー切れとなっても、スイッチ操作なしで再度Raspberry Piを起動し、運用を再開することが可能となります

状況の例電源自動リカバリー利用時デフォルト(無効時)
Raspberry Pi動作中に停電やバッテリー切れで電源が落ちた電源が再投入された際に自動でRaspberry PiがON (電源切断後5分以降)電源が再投入されても、スイッチを押すか、次のスケジュールの時刻までRaspberryはOFFのまま
スケジュールでONする時刻が来たが、電源が供給されていない電源が再投入された際に自動でRaspberry PiがON電源が再投入されても、スイッチを押すか、次のスケジュールの時刻までRaspberryはOFFのまま
数日以上電源が供給されていない状態が続き、RTCが初期化された電源が再投入された際に自動でRaspberry PiがON電源が再投入されても、スイッチを押すまでRaspberryはOFFのまま

本機能はデフォルトでは無効に設定されています。コントロールツールで有効化する必要があります。

仕組み

電源自動リカバリーの無効時と有効時の状態遷移図が以下のとおりです。(ファームウェア仕様書より抜粋)

デフォルト(無効時)では、電源が投入された場合、Stopステート(Raspberry Pi OFF)になります。

デフォルト(電源自動リカバリー無効時)の状態遷移図

一方、電源自動リカバリーが有効時は、電源が投入されると以下の条件をチェックします。

  • Raspberry Pi稼働中に電源が切断されたか?
  • 電源が供給されていない状態で、Raspberry PiをONするスケジュール時刻になったか?
  • RTCが未設定か?

いずれかに当てはまれば、Runステート(Raspberry Pi ON)に移行します。いずれにも当てはまらない場合はStopステート(Raspberry Pi OFF)に移行します。

電源自動リカバリー有効時の状態遷移図

ファームウェアバージョンの確認

本機能を使うには、RPZ-PowerMGRのファームウェアが以下のバージョン(2022年7月リリース)より新しくなっている必要があります。ファームウェアバージョンの確認とアップデート方法はファームウェアアップデート手順を参照して下さい。

RPZ-PowerMGR基板本体のRev必要なファームウェアバージョン
Rev1Ver1.4以降
Rev2Ver2.1以降

設定方法

コントロールツールでcfサブコマンドに-p 1を指定することで有効化できます。以下の$に続くコマンドを実行して下さい。

$ cgpmgr cf -p 1

無効化するには-p 0を指定します。

$ cgpmgr cf -p 0

関連ページ

RPZ-PowerMGR (Raspberry Pi用 電源管理/制御/RTC拡張基板)

スイッチで電源ON/OFF、指定時刻に電源ON/OFF、シャットダウン後自動電源OFFを可能にする拡張基板です。Raspberry Pi(ラズパイ)の電源の課題を解決し、省電力運用を可能にします。RTCで電源OFF時も時刻を保持します。USB Type-C端子を搭載し、モバイルバッテリーでも利用できます。

RPZ-IR-Sensor (Raspberry Pi用 温度/湿度/気圧/明るさ/赤外線 ホームIoT拡張ボード)

動作をプログラミング可能な、Raspberry Pi/Zero(ラズパイ)用ホームIoT拡張ボードです。温度、湿度、気圧、明るさセンサー、赤外線送受信機能を搭載。温度が上がったらエアコンをオンにする、暗くなったら照明を点灯する、外出先から家電の操作をする、気温や日照時間を記録する、といった使い方が可能です。LEDにステータスを表示したり、スイッチを押したら特定の処理をすることもできます。

RPZ-CO2-Sensor (Raspberry Pi用 二酸化炭素センサー/リレー 拡張基板)

Raspberry Pi(ラズパイ)用CO2センサーとリレー拡張基板です。CO2濃度を測定することで換気の目安としたり、オフィス環境の改善やスマート農業のCO2モニタリングに利用できます。CO2濃度が一定以上になった際、リレーで換気ファンなどの外部機器をON/OFFできます。7色表示可能なRGB LEDを搭載し、CO2濃度に合わせて色を変えることも可能です。