ATmega1284P搭載製品

ATmega1284P搭載向け共通のArduinoIDE開発環境の導入やプログラム書き込みの方法を説明しています。

対応製品

CG-FusionLogger

ArduinoIDEの導入

ATmega1284Pは、Arduinoで広く使われているATmega328Pと同一ファミリーのマイコンで、ArduinoIDEを使用した開発が可能です。 Arduino向けに用意されているほとんどのスケッチ例、ライブラリがそのまま動作しますので、開発コストが削減できます。 ATmega1284PはATmega328Pと比べてプログラムROMが4倍、SRAMメモリーが8倍となっており、複雑なアプリケーションにも対応できます。 ArduinoIDEはArduino cc のサイトで配布されている ものをPCにダウンロード、インストールしてご利用ください。

ATmega1284P用開発環境のインストール

ATmega1284Pで開発を行うには、開発環境MightyCore をインストールする必要があります。手順は以下の通りです。

1. 「ファイル>環境設定」を開き、「追加のボードマネージャ」 のURLに 「https://mcudude.github.io/MightyCore/package_MCUdude_MightyCore_index.json」 を追加してください。既に他のURLがある場合は、半角のカンマで区切ってください。

2. 「ツール>ボード>ボードマネージャ」を開き、下の方にある「MightyCore by MCUdude」を選択し、 「インストール」を押します。

3. インストールに成功すると、「ツール>ボード」から”ATmega1284″が選択可能になるので、 そちらを選択してください。

プログラム書き込み

ArduinoIDEで作成したプログラムをATmega1284Pに書き込むには、PCと基板をUSBで接続して下さい。 お使いの環境によっては、基板に搭載されているUSBインターフェースICのドライバーをPCにインストールする必要があります。 CG-FusionLoggerではFTDI社製FT231Xを使用しております。

CG-FusionLoggerではSW3-4スイッチにより FT231Xの電源をON/OFFできる設計となっております。プログラム書き込み時はONにして下さい。

プログラム書き込み時のオプション(ツール以下に表示される設定値)の推奨設定値は以下の表をご参照下さい。 動作確認済みMightyCoreのバージョンは各サンプルプログラムのページをご参照下さい。 異なるバージョンを使用した場合、うまく動作しない場合がございます。

MightyCore Version2.0.1

項目設定値
Clock8MHz external
BODDisabled
PinoutStandard
Variant1284P
シリアルポートお使いのUSB端子に対応したポート

準備ができたらArduinoIDEから「マイコンボードに書き込む」を選択するとプログラムが転送されます。

ブートローダー書き込み

ICSP端子よりブートローダーを書き込むことが可能です。 (ブートローダー書き込み済みで出荷致しますので、通常はブートローダーを書き込んでいただく必要はございません。) ICSP端子との接続は各製品の使い方をご参照下さい。その際、「書き込み装置」は後ろに(MightyCore)の ついているものを選択してください。例えばUSBaspを使用してブートローダーを書き込む場合は書き込み装置に 「USBasp」ではなく「USBasp(MightyCore)」を選択してください。