RPZ-PowerMGR入荷と製造予定に関するお知らせ

2021年末より在庫切れとなっていました、Raspberry Pi用 電源管理/制御/RTC拡張基板「RPZ-PowerMGR」のRev1が入荷しました

当初上位互換/機能強化版のRev2へ移行予定でしたが、世界的な半導体、部品不足によりRev2の納期が大幅に伸びております。そこで、在庫不足に対応するため、Rev1の製造を継続することにいたしました。

Rev2とRev1の違いは、基板横のサイドスイッチの追加とUSB Type-C端子のモバイルバッテリーに対する最適化を行っております。それ以外の機能は共通ですので、問題ない場合はRev1の購入もご検討下さい。Revisionの違いはこちらをご参照下さい。

RPZ-PowerMGRはRaspberry Pi用 電源管理/制御/RTC拡張基板です。詳細は以下の製品ページをご覧ください。

RPZ-PowerMGR (Raspberry Pi用 電源管理/制御/RTC拡張基板)

スイッチで電源ON/OFF、指定時刻に電源ON/OFF、シャットダウン後自動電源OFFを可能にする拡張基板です。Raspberry Pi(ラズパイ)の電源の課題を解決し、省電力運用を可能にします。RTCで電源OFF時も時刻を保持します。USB Type-C端子を搭載し、モバイルバッテリーでも利用できます。

各機能の具体的な使用方法、応用例についても記事を用意しています。