ArduinoESP32

ESP32 (ESP-WROOM-32)搭載製品のサンプルプログラムが最新のArduinoコアライブラリに対応

ESP32 (ESP-WROOM-32)搭載製品向けに公開していたサンプルプログラム、応用例のプログラムについて、最新のArduinoコアライブラリであるESP32 core version 1.0.4に対応しました。

特に、E32-SolarChargerを使ったソーラー充電システムで公開している応用例については、以下の改善も合わせて行っております。

  • これまでWebサーバー機能をサードパーティ製ライブラリを使用して実装していましたが、今回ESP32-IDFの機能のみを使うようにコードを書き直しました。コアライブラリやサードパーティ製ライブラリのバージョンの差異によって動かないといった状況を改善しました。
  • メインのコードであるSolarCharger.inoのコメントを日本語化して動作を分かりやすくしました。

ESP32は、世界的に人気の高く導入も容易な開発環境であるArduinoIDEでプログラムを作成できるマイコン。WiFi、Bluetooth通信機能を内蔵しているため、手軽にオリジナルIoTデバイスの開発が可能です。

各製品、応用例のページは以下のとおりです。

E32-BreadPlus(スイッチ付き コンパクトESP32、ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板)

WiFi、Bluetooth機能を内蔵したマイコンであるESP32、ESP-WROOM-32をブレッドボードに挿して開発するための基板です。Arduino IDEで自由に動作をプログラミングすることができます。リセットとプログラム書き込み用スイッチ実装済のため、自分の作りたい回路に集中できます。使用できないピンを削減したことで、類似品に比べてコンパクトになっています。

E32-SolarCharger (ESP32、ESP-WROOM-32/WiFi搭載 プログラマブルIoT 鉛バッテリーソーラー充電基板)

Arduino IDEで動作を自由にプログラミング可能な、IoTソーラーチャージャー基板です。WiFi内蔵マイコンであるESP32(ESP-WROOM-32)を採用しました。鉛バッテリー充放電回路、microSDスロット搭載。状況にあわせた充電、負荷の接続/切断ができ、ネットワークからのモニタリングも可能です。

E32-SolarChargerを使ったソーラー充電システム (IoTソーラー充電、放電制御)

ソーラーパネルより鉛バッテリーへの充電、および接続機器への放電をコントロールするE32-SolarCharger用のアプリケーション例です。